無利息もある

キャッシングのもう一つの利点は、無利息もあることです。キャッシングとは、基本的には貸主と借主との間で金銭消費貸借契約を締結することを意味するので、社会通念に従って、ある程度の利息(金利)を支払う必要があります。具体的には、銀行のカードローンの場合なら年利5%から年利14%程度、消費者金融系のカードローンなら年利18%程度が相場となっています。

無利息しかしながら、特に最近の消費者金融系の会社では、無利息キャンペーンを行っている会社も多くあります。具体的には、一週間は無利息で貸してくれ、一週間以内に全額を返済することができれば、金利を一切支払う必要はない、というサービスです。これは、現在の経済情勢から考えれば、極めて借り主に有利な契約であるといえるでしょう。

無利息でお金を借りるということは、借り主にとってはメリットしかありませんし、貸主にとってはメリットはほとんどありません。貸主としては、借り主が返済計画を誤り、一週間以内に返せなくなることで、本格的に自らの会社の顧客になってくれることを狙っての戦略なのでしょうが、借り主がしっかりとした返済計画さえ持っていれば、こんなに有利な状況はありません。

このように、キャッシング利用のメリットの一つとして、場合によっては無利息で借り入れをすることができる、という点もあるのです。

手軽に借りられる

第一点目の手軽に借りられることについてですが、お金を借りるという行為自体、基本的には簡単ではありません。貸主にとっては、お金を貸すことによって常に焦げ付きのリスク(貸し倒れのリスク)を抱えることになりますから、相当に信頼できる借り主であることが客観的に証明されなければ、お金を貸してくれることはないでしょう。

銀行この点、現在の日本におけるキャッシングの制度、具体的には、銀行系のカードローンや消費者金融系のカードローンでのキャッシングは、極めて手軽にお金を借りられる状況にあります。
たとえば、銀行系のカードローンを例に挙げてみると、申込みから実際にお金を受け取るまで、かなりの短期間で進めることができます。特に、低額の借り入れ(例えば、極度額30万円の借り入れ)などであれば、店舗で契約をして、その銀行に口座を持っていれば、すぐに借り入れができる場合もあります。

また、ある程度の高額の極度額での借り入れであっても、銀行の審査、保証会社の審査を通過することができるしっかりとした資力さえ証明することができれば、年収の3分の1程度の極度額による借り入れは比較的簡単にすることができます。

このように、キャッシングの利点の一つは、お金に困ったときに手軽に借りられることなのです。

キャッシングの利点

社会人になると、予想もしない出費が必要になる場合があります。そのような場合、友人や知人にお金を借りてしまうと、いらぬトラブルが生じてしまいかねません。そこで、社会人にとっての強い味方として、キャッシングという制度があります。

キャッシングと一言で表現しても、メガバンクや地方銀行、地方の信用金庫がサービスを提供するカードローンや、現在はメガバンクの傘下に入っている消費者金融系のカードローンなど、ありとあらゆる形態のキャッシング方法があります。

キャッシングキャッシングという言葉は、シンプルに表現すれば借金であり、金融機関から有利子でお金を借りること、という意味ですが、急にお金が必要になった場合に、大きな役割を果たします。実際、社会人のうち多くの方は、生活費に困ったり、急遽大きなお金が必要になった場合などに、キャッシングを利用して急場をしのいでいる方が多くおられます。

このように、キャッシングという制度は日本に深く浸透していますが、その原因は何でしょうか。それは、キャッシングという制度が、社会人にとって極めて合理性が高く、使いやすいシステムとして確立しているからです。キャッシング利用のメリットはたくさんありますが、大きく分けると、二つの点が挙げられます。まず一つは、手軽に借りられる、ということです。もう一つは、キャッシングの類型の中には、有利子の契約だけではなく、無利息もあることです。それぞれ、具体的にはどのようなメリットなのでしょうか。