手軽に借りられる

第一点目の手軽に借りられることについてですが、お金を借りるという行為自体、基本的には簡単ではありません。貸主にとっては、お金を貸すことによって常に焦げ付きのリスク(貸し倒れのリスク)を抱えることになりますから、相当に信頼できる借り主であることが客観的に証明されなければ、お金を貸してくれることはないでしょう。

この点、現在の日本におけるキャッシングの制度、具体的には、銀行系のカードローンや消費者金融系のカードローンでのキャッシングは、極めて手軽にお金を借りられる状況にあります。
たとえば、銀行系のカードローンを例に挙げてみると、申込みから実際にお金を受け取るまで、かなりの短期間で進めることができます。特に、低額の借り入れ(例えば、極度額30万円の借り入れ)などであれば、店舗で契約をして、その銀行に口座を持っていれば、すぐに借り入れができる場合もあります。

また、ある程度の高額の極度額での借り入れであっても、銀行の審査、保証会社の審査を通過することができるしっかりとした資力さえ証明することができれば、年収の3分の1程度の極度額による借り入れは比較的簡単にすることができます。

このように、キャッシングの利点の一つは、お金に困ったときに手軽に借りられることなのです。