無利息もある

キャッシングのもう一つの利点は、無利息もあることです。キャッシングとは、基本的には貸主と借主との間で金銭消費貸借契約を締結することを意味するので、社会通念に従って、ある程度の利息(金利)を支払う必要があります。具体的には、銀行のカードローンの場合なら年利5%から年利14%程度、消費者金融系のカードローンなら年利18%程度が相場となっています。

しかしながら、特に最近の消費者金融系の会社では、無利息キャンペーンを行っている会社も多くあります。具体的には、一週間は無利息で貸してくれ、一週間以内に全額を返済することができれば、金利を一切支払う必要はない、というサービスです。これは、現在の経済情勢から考えれば、極めて借り主に有利な契約であるといえるでしょう。

無利息でお金を借りるということは、借り主にとってはメリットしかありませんし、貸主にとってはメリットはほとんどありません。貸主としては、借り主が返済計画を誤り、一週間以内に返せなくなることで、本格的に自らの会社の顧客になってくれることを狙っての戦略なのでしょうが、借り主がしっかりとした返済計画さえ持っていれば、こんなに有利な状況はありません。

このように、キャッシング利用のメリットの一つとして、場合によっては無利息で借り入れをすることができる、という点もあるのです。